おでこニキビの原因とその治し方について

大人のニキビは思春期の頃とは異なり、男性の場合は脂性、女性の場合はお化粧などで、常に肌をいじめている状態なので治りにくいのが、大人のニキビの特徴でもあります。

 

なぜ、おでこにニキビができてしまうのか、その原因と予防、効果のあるニキビの治し方を説明していきましょう。

おでこにできるニキビの原因

大人のおでこにできるニキビの原因としては、乱れた生活習慣(夜更かし、嗜好品など)や食生活(偏った食事、野菜不足など)、間違った洗顔方法によるものが考えられます。

 

間違った洗顔方法とは、顔を洗顔料で洗い流す時に、髪の生え際などに着いた洗顔料をよく洗い流さずに放置してしまうことです。

 

また、洗顔後のスキンケアに使用する保湿を十分に行う必要があります。

 

普段、使用している化粧品も油分が強いと間違った洗顔できちんと洗い流さずにいると、毛穴に生息しているニキビの要因となる「アクネ菌」が繁殖し、活発化するとニキビができる原因となってしまいます。

おでこのニキビ予防

先にも記述したとおり、生活習慣や食生活、洗顔の見直しが必要です。

 

洗顔に関して言えば、色んな洗顔料が販売されていますが、できる限り安全で、低刺激のものを選び、髪の生え際までしっかりと洗い流すようにします。

 

また、油分の多い化粧品の使用を避けて、脂性の肌の方は念入りに洗い流すことが必要です。

おでこのニキビの治し方

ニキビは初期の段階では白くなります。
この段階では、規則正しい生活習慣や正しい洗顔方法を行えば、早期に治る可能性は十分にあります。

 

しかし、白ニキビにより毛穴に皮脂が詰まり、空気に触れて酸化して黒→黄→赤と炎症が酷くなります。黒にキビの段階ではまだ自己流の方法で治せます。
黄色になると膿が出はじめ、炎症を起こして赤いニキビへと悪化してしまいます。

 

赤いニキビになるとニキビ専用治療薬が必要となってきます。

 

ニキビがつぶれたりすると皮膚が陥没したクレーター状態となり、ニキビの跡が残ります。
これを防ぐには、病院へいってきちんとした治療を受けることが重要です。

 

人の肌は、大まかに表皮・真皮・皮下組織の順で3層になっており、通常で表皮までの傷は再生するようにできているのですが、真皮や皮下組織まで傷ついてしまうと組織が破壊されて再生できなくなってしまいます。

 

効果のあるニキビ治療薬として、FABIUSの 「エクラシャルム」は、脂肪肌や乾燥肌の両方の方や肌が荒れがちな方にも使用できて、角質層の内側からと外側からの保湿が可能です。

 

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来成分の力)を配合されていて、肌を規定に保ち、菌を寄せ付けず、抗炎症作用があります。

 

また、29種類の美容成分とその他に24種類の美容成分配合されており、肌ツヤの良く、合成香料・着色料・アルコール不使用・鉱物油・石油系界面活性剤などが使われていないので、安心して使用することができます。